STAFF BLOG

沖縄の神様《ミルク神》。

沖縄の神様《ミルク神》

待ち受けにしたら金運あがるかも!?

ミルク神は豊年祭などの祭りに登場する来訪神だそうです。 八重山諸島を中心に広く信仰されております。 仏教の弥勒(みろく)信仰と沖縄の古い信仰が混じり合ってミルク神となったそうです。

ミルク神の姿は、中国から伝来した布袋(ほてい)信仰の影響を受けているのだとか。もう、いっぱい混ざっております。独特な雰囲気です。ミルク様はいろんな地域にいらっしゃって、お顔も少し違うみたいですね。 ミルク様集など作ってみるといいかも。表情豊かでおもしろそう。

沖縄の神様《ミルク神》
沖縄の神様《ミルク神》

このミルク神さまは、石垣市登野城区のものなんだそうです。そういえば私、ベタなんですけど沖縄に来てまだ間もない頃、このミルクさまをミルク(牛乳)の神様だと思ってたことがありました。お顔も白いし〜。おはずかしい。

布袋さんといえば、そのご利益は夢を育て、人格を磨き、円満な家庭を築いて、金運を招福するということで、慈恵(いつくしみ)と和合の神様、予知と金運の神様として信仰されているそうで、なんか良いことがありそうです。

で、このミルク神さま。沖縄県立博物館に展示されています。興味のある方はぜひ博物館へ。ここもけっこう面白いんだけど観光で行くことあるのかな〜。あんまり観光客さん(日本の方も外人の方も)が見に行ってるイメージないけど。私が知らないだけかな〜。ま、そんなありがたいミルクさま、ケータイの待ち受けになどいかがですか!宝くじなんか当たったらいいのにな〜。^ ^

沖縄県立博物館