STAFF BLOG

沖縄は豚肉料理が多く、「豚は鳴き声以外はすべて食べる」という言葉があるほど、豚の頭から足先、内臓・血まで料理し無駄なく食べる文化があります。

沖縄料理てびち

〜うみそら スタッフブログ〜

沖縄料理を食べに行きますと、メニューに必ずある、《てびち》。
沖縄は豚肉料理が多く、「豚は鳴き声以外はすべて食べる」という言葉があるほど、豚の頭から足先、内臓・血まで料理し無駄なく食べる文化があります。
てびちはそんな豚肉料理の代表的な料理のひとつです。
初めての人はそのインパクトに少し躊躇してしまいそうですね。だけど、勇気を出して食べてみるとこれが美味い!出汁がよく染みて、プルップル!プリップリ!。コラーゲンで美肌期待値100%!?
そんなてびち、《豚足》をてびちだとずっと思っていました。いろいろ調べていますと、少し違うみたいで、実はてびちとは「煮つけ」のことなんだそうです。《あしてびち》が、豚足の煮つけを意味するんだそうです。知らなかったよ~。ってことは、《テビチの煮付け》となると《煮付けの煮付け》ってことになるのか・・・?(笑)間違ってたらごめんなさい。
『てびちとは「手引き」の転訛とされ、煮込み料理を意味する琉球方言である。本来は豚足そのものを指す言葉ではないが、この種の料理に豚の足が多用されたためか、現在は沖縄でも一般に「てびち=豚足」として認識されている。(Wikipedia)』らしい。諸説ありなのかな?

もひとつ似た部位の料理であるのが「チマグー」。豚足の中でも膝下?、足先?、ヒズメ?う~ん、その辺りの部分。ひずめの部分があるとかなり様子が違う。これ、足まんまじゃん!と。インパクトありすぎです・・・。きっと美味しのでしょうね。私は食べた事がないからどんな味かわからないけど。さすが沖縄の豚料理!いつかチャレンジしてみようと。(ちなみに、てびちは、スネの部分)
特に大好きな食べ方は、2段階で楽しむ!まずはじめは、煮つけそのままで!そのあと、フライパンでこんがりと焼いて食べる!香ばしくモッチモチに。これサイコ~です。てびちそばも食べやすく美味しい!臭みもなくあっさりしてる。
《てびち》まだ食べたことのない方!沖縄でぜひ食べてください!沖縄の雰囲気を楽しみながら、食べるとまた一段と美味しくなりますからね~。ぜひ!