DISCOVERY OKINAWA

沖縄海岸国定公園《読谷村・残波岬》日本有数の景勝地!

読谷村・残波岬

沖縄本島中部、読谷村にある《残波岬》は東シナ海に面した岬で、自然に恵まれた風光明媚な景勝地です。

読谷村・残波岬

《沖縄海岸国定公園》に指定され、30mもの断崖絶壁が約2kmも続く、雄大な景観が広がっています。その残波岬一帯の海岸利用とあわせた自然条件を活用し、憩いの場として美しく公園整備がされています。
ここの見所としては、沖縄本島の最西端にあたり、夕日が最後に沈む絶景スポットとしても有名です。

読谷村・残波岬

残波岬灯台。澄み切ったブルーに白亜の美しい灯台。

また、先っぽにある灯台の中には入れることが出来き、資料展示室があったり螺旋階段をグルグルと上っていくようになっています。その高さは31メートル。結構疲れますし途中で目が回りそうになます。へとへとになって登りきると、そんなことは一気に飛んじゃうぐらい素晴らしい景色が広がります。(見晴らしが良く、晴れていれば)粟国島、渡名喜島、久米島などを見ることができるそうです。私が登ったときは、風が強かったので、結構スリリングな感じでした。晴れて凪ってるともっと最高なんでしょうね〜。

読谷村・残波岬

初の進貢使《泰期・たいき》の偉業。

読谷村・残波岬

ところで、気になるのが、ある人物のモニュメント。
一体だれなんだろうと、調べてみますと、1373年、琉球王朝時代に察度王(さっとおう)の御名代として、中国への初の進貢使となった読谷村出身の豪族、《泰期・たいき》という人物。

読谷村・残波岬

《商売の神様》といわれていた人なんだそうで、王様の命を受けて初の進貢使として中国に渡り、大交易時代の幕をあけたというすごい人。中国の歴史に初めて名を留めた方なんだとか。それと、中国への渡航は5回も。船に乗ることは命がけだった時代の話だから、その勇気や使命感は並大抵のものではないのです。ぜひ、残波岬に行って実物をご覧に!ご利益あるかもですよ。
それはそうと、泰期さんどこ指差してるのか気になりますよね〜。どうやら中国福建省の方向を指さしいるんだそうです。

さて、一通り残波岬を楽しんだ後は、残波岬の名物・金城パーラーで一息ついてください。炎天下の中だと、熱中症やちょっと体調も崩しそうなので、ここでクールダウンを!。

読谷村・残波岬

また、近くには、残波岬いこいの広場や残波岬ロイヤルホテルがありますので安心です。綺麗なビーチもありますので、ここで楽しむのもいいですね。

残波岬

「灯台のことなら」 公益社団法人 燈光会

波岬ロイヤルホテル

後この辺りの近場観光地といえば、こんなところも。
御菓子御殿読谷本店
琉球ガラス工房 雫
ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄
Gala青い海
体験王国むら咲むら
座喜味城跡