STAFF BLOG

沖縄11月〜12月のころ。鮮やなピンクに花を咲かせるトックリキワタ。この季節、また違う魅力の沖縄を楽しんでみて!

トックリキワタ

〜うみそら スタッフブログ〜 

トックリキワタ

この時期、車で運転していたりすると、鮮やかなピンク色の景色がとびこんできます。トックリキワタ。知らないと《えっ!桜?》などと勘違いしてしまいそうです。このトックリキワタ、あながちまちがいでもなく《南米ざくら》などとも呼ばれているらしいですね。これは知らなかった。

トックリキワタ


まだまだ調べていくと、トックリキワタを日本で最初に栽培したのは、当時まだアメリカ軍の軍政下にあった沖縄で、1964年、沖縄県民が多数移住したボリビアのオキナワ移住地で開かれたボリビア移住10周年記念式典に参加した際に、ボリビアから種子を持ち帰ったことによる。(wikipedia参照)だそうです。
別名「酔っぱらいの木」とも言うそうなのですが。世界一広い道と言われるブエノスアイレス(ボリビアの下の方)に植樹されていて、現地語でパロボラッチョPalo borrachoと呼ばれるのを日本語訳すると「酔っぱらいの木」と言うことだそうです。
離れて見ていると、ピンクが綺麗でいいのだけど、近づくともう、トゲトゲ!
(気をつけてね)

トックリキワタ トゲ


この後、大きな握り拳大の緑色の実になって、熟すと割れて綿が飛び出します。(これキワタなので)1月後半から2月ぐらいに見られる景色かな。因みにこの綿は、あまり有効に使われていないみたいですね。調べるとクッションなどの詰め物に使われているともありましたが、どうなんでしょう?
とりあえず、今の時期はピンクの花を楽しんでください。(そろそろ散り始めているので。)見れる場所は330号線(浦添市あたり)に多く植栽されていますね。私も浦添で車の中でみたのだけど、一本だけ白いのがあるんですよ。ぜひ、探して見てみてください!後、沖縄自動車道(金武町ICから宜野座ICに向けて)2kmにわたり約140本のトックリキワタが植栽されているみたいですね。58号線沿いはちょっと少ないかな〜。観光の方、見れると良いですね。
ちなみにトックリキワタの花言葉は、尊敬、信頼、偉大、崇高、優秀なんだそうです。

#photooftheday #休日 #旅行 #鮮やかな #沖縄好きな人 #写真好きな人 #カメラ好きな人  #幸せな時間 #沖縄 #沖縄旅行 #おきなわ  #ピンク #風景 #女子旅 #名護市 #あおぞら #散歩日和 #トックリキワタ #癒し #花綺麗  #南米ザクラ #小春日和  #floweringtree #okinawaphoto