STAFF BLOG

琉球ガラス 職人の魂を吹き込まれ 鮮やかに彩りきらめく

琉球ガラス

お土産屋さんでよく見かける琉球ガラス。随分おしゃれになったんだな~と。職人さん頑張っています。ある工房では、ベネチアのガラスなどを勉強しに行くんだとか。また女性作家さんが作る琉球ガラスは個性的で、ひと味違ったお洒落なものに。琉球ガラスはどんどんと作り手の思いとともに独特な進化を遂げていくようです。

琉球ガラス

たどれば沖縄でガラス作りが始まったのは明治期といわれ、現在の「琉球ガラス」が生まれたのは戦後のこと。米軍基地から出された廃瓶(清涼飲料水やビールの瓶)の再利用を機に大きな転機を迎えました。そのガラスは、原料の色をそのままに、廃瓶の再生ゆえに気泡も入ったものでした。決して高級な部類のものではなかったように思います。しかし、それが評価され、技は受け継がれ見事な芸術品にまで昇華しました。今では、暮らしの中にも迎え入れられ、ちょっとした彩となっているようです。

最近では、環境のことも配慮し電気釜に変えているところも増えているようです。坩堝(るつぼ)の火はなかなか止められないそうで、すごくコストがかかりそうです。電気に変えることで、少し楽になるんでしょうね。それで、お手頃なガラスができるといい感じです。

琉球ガラス

たまに、内地の友人に琉球ガラスを送ろうと買いにいくのですが、やっぱり良いのは高いですよね~。でも職人さん作家さんが魂を込めた一品ものですからね。ここはちょっと奮発すべきか・・・といつも悩みます。

琉球ガラス工房のリンク貼っておきますね。

琉球ガラス村

森のガラス館

琉球ガラス 匠工房

琉球ガラス 煌工房

那覇市伝統工芸館

おきなわワールド・琉球ガラス王国工房

グラスアート藍

まだまだいっぱいあるので検索してみてください!